ページの先頭です。本文を読み飛ばして、このサイトのメニューなどを読む

映画

サラエボの花―GRBAVICA―

サラエボの花―GRBAVICA―

ボスニア・ヘルツェゴヴィナのボスニア紛争から12年。

宗教や民族間の争いから起こる戦争の問題。
というよりは、子を愛さない(母)親はいない、ということだろう。

サラエボでまさにボスニア紛争のさなかを10代ですごした女性監督が描いているというところにも興味を持つ。

監督:ヤスミラ・ジュバニッチ

京都での公開は
京都シネマ 2008年1月12日〜
公式ホームページ:http://www.kisaragisha.co.jp/kyotocinema/

(text:YN)

4769


fromkyoto

情's people

ここからカレンダが始まります。このリンクでカレンダを読み飛ばせます

情報館カレンダー

前月 2018年06月 次月
1
2 土曜開館
3 休館日
4
5
6
7
8
9 土曜開館
10 休館日
11
12
13
14
15
16 土曜開館
17 休館日
18
19
20
21
22
23 土曜開館
24 休館日
25
26
27
28
29
30 土曜開館
2018-06-18
  • -- 土曜開館
  • -- 休館日
開館時間
通常:8:30-20:30
土曜:8:30-18:00
短縮開館:10:00-17:00

カレンダの終端です。

ページの終端です。ページの先頭に戻る