施設利用

情報館には、本校学生の制作に活用していただける様々な設備があります。
お申し込みは、2F図書カウンターにて受付しています。

3F セミナー室 学内者限定

セミナールーム写真

※新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため、現在セミナー室は利用できません。

情報館の資料を活用した授業(ゼミ・研究会)などに使用できます。
最大36名分の座席や、プロジェクター等をご用意しています。
予約制ですので2F図書カウンターにてお申し込みください。

利用時間 通常開館: 9:00〜20:00
土曜開館: 9:00〜17:30
短縮開館: 10:00〜16:30
利用機器 プロジェクター、OHC、DVD、VHS、8ミリ、持込パソコン

利用上の注意事項

  • 予約時間を30分過ぎても来られない場合はキャンセルとなります。
  • 利用可能時間は閉館30分前までです。
  • 途中退室や終了する場合は2F図書カウンターへ連絡し、施錠に行くまでお待ちください。
  • 利用終了予定時間の10分前から延長申請可能です。
    ※時間延長を希望する場合は、2F図書カウンターへご連絡ください。
  • 連絡なしに使用されていた場合、即時退室願います。
  • 原則として館内資料を使用した授業(研究会・ゼミ含む)でのみ利用が可能です。

B1F 製本室 学内者限定

製本室写真

※新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため、12/10(木)より3Fセミナー室にて機器(製本機、大型ホッチキス、電動カッター、手動断裁機)の利用が可能です。2F図書カウンターにてお申し込みください。
・利用は1日1回1時間まで、同時利用人数は最大2名です。
・利用可能時間は開館から閉館1時間前までです。
・換気のため窓を2か所開けています。作業中は閉めないでください。
・現在の情報館の利用方法については、「お知らせ」をご覧ください。

製本室では製本機・電動カッターなどを使って小冊子の作成ができます。
予約制ですので2F図書カウンターにてお申し込みください。混雑する時期もありますので、スケジュールに余裕を持ってお申し込みください。
また、試し紙(テストプリント)などお持ちになることをおすすめします。

利用時間 通常開館: 9:00〜20:00
土曜開館: 9:00〜17:30
短縮開館: 10:00〜16:30
利用機器 製本機、大型ホッチキス、電動カッター、手動断裁機

製本方法について

製本方法 画像例 サイズ 特徴 作成できるもの
くるみ製本
(製本機)
くるみ製本の作り方ガイドPDF
くるみ製本の画像例 製本サイズ(天地×小口):最大315×210mm(ただしA4縦の製本は不可)、最小210×148mm 本文の背面部分を合成のりで綴じ、部分を表紙でくるんで固定する製本方法。 文庫本、雑誌のように背表紙のある冊子。
天のり製本
(製本機)
天のり製本の作り方ガイドPDF
天のり製本の画像例 製本サイズ(天地×小口):最大315×210mm(ただしA4縦の製本は不可)、最小210×148mm 天(上)を糊で綴じる製本方法。一枚ずつはがすことができるのが特徴。 メモ帳、伝票。
中綴じ製本
(大型ホッチキス)
中綴じ製本の画像例 奥行最大310mm 表紙をつけた状態で冊子の真ん中を綴じる製本方法。 20ページ未満の薄い冊子。
裁断
(電動カッター・手動断裁機)
電動カッターの使い方ガイドPDF
電動カッターの写真 最大裁断幅 430mm(A3用紙長辺対応)、最短裁断寸法 35mm、最大裁断厚 40mm(上質コピー用紙(64g/[[M2]])約400枚まで) 裁断可能サイズのものまで一度に裁断することができます。

※くるみ製本・天のり製本は、製本するページ数が少なすぎると糊がうまく全体につかないことがあります。
※ビニールやナイロン、プラスチックなど熱で溶ける可能性のある紙は、製本機に使用できません。

利用上の注意事項

  • 予約時間を30分過ぎても来られない場合はキャンセルとなります。
  • 利用可能時間は閉館30分前までです。
  • 途中退室や利用を終了する場合は2F図書カウンターへ内線電話で連絡し、施錠に行くまでお待ちください。
  • 利用終了予定時間の10分前から延長申請可能です。
    ※時間延長を希望する場合は、次の予約者がいない場合に限り、1回1時間まで可能です。それ以上のご利用は再度申請書への記入が必要となります。2F図書カウンターにてお申し込みください。
  • 連絡なしに延長使用をされていた場合、即時退室願います。

 


    図書館

    卒業生・学外の方へ:利用のご案内

    マイライブラリ:マイライブラリについて

    交通アクセス:京都精華大学サイトへ

    公式Twitter