ページの先頭です。本文を読み飛ばして、このサイトのメニューなどを読む

本

勇気はあるか?-伊坂幸太郎『モダンタイムス』

勇気はあるか?-伊坂幸太郎『モダンタイムス』

AMAZON: 勇気はあるか?-伊坂幸太郎『モダンタイムス』

『モダンタイムス』は漫画週刊誌「モーニング」連載された小説であり、2005年に出版された『魔王』の続編です。でもまぁ「続き」というよりは「繋がってる」って感じですかね。『魔王』を読んどいたほうが通じがいいのは確かです。

そういえば、昔偶然観たNHKの「週刊ブックレビュー」って番組で『魔王』が採り上げられた時、司会の中江有里(女優・脚本家・元ポッキー四姉妹)が、「面白かったけど、結末がすっきりしない。この人は続編を書くべき」ってな感じの感想いってたのを思い出しました。それに発奮したのか(たぶん違う)本当に続編出ちゃうんだから、さすがグリコ、「一粒で2度おいしい」は伊達じゃないですね(?)。

あらすじやなんかはAmazonでも見てください。結局は「安易に流されないで自分で考えろ!」ってことを言ってます。とはいえストーリー展開や台詞回しなんかはさすがといった感じで、グイグイ引き込まれます。連載モノってことで普段より勢いがあるように感じます。あと、話や設定がかなりマンガ的です。それと今回かなりバイオレンスです。ハサミで指を・・・って拷問シーンもあるのでそういった意味でも「勇気はあるか?」ですね。どっちかっていうと『ラッシュライフ』とか『終末のフール』とかの方が好きかなぁ。

あとがきにもあるとおり、『モダンタイムス』と去年出版された『ゴールデンスランバー』は同時期に書かれたものであるらしく、構造というか背景が似通ってます。読み比べてみても面白いかもしれません。『ゴールデン〜』のラストは泣けますねぇ。。。
ちなみに連載時の挿絵が全部ついた『モダンタイムス特別版』もあります。ブ厚いです。字が大きいです。

伊坂幸太郎の主な作品

○情報館にあり
『オーデュボンの祈り』(発行:新潮社)3F文庫新書コーナー 913.6||I 68||新/文
『ラッシュライフ』:(発行:新潮社)3F文庫新書コーナー 913.6||I 68||新/文
『陽気なギャングが地球を回す』(発行:祥伝社)3F閲覧室 913.6||I 68
『重力ピエロ』(発行:新潮社)3F文庫新書コーナー 913.6||I 68||新/文
『アヒルと鴨のコインロッカー』(発行:東京創元社)3F閲覧室 913.6||I 68
『チルドレン』(発行:講談社)3F文庫新書コーナー 913.6||I 68||講/文
『グラスホッパー』(発行:角川書店)3F閲覧室 913.6||I 68

△情報館になし
『死神の精度』(発行:文芸春秋)
『魔王』(発行:講談社)
『砂漠』(発行:実業之日本社)
『終末のフール』(発行:集英社)
『陽気なギャングの日常と襲撃』(発行:祥伝社)
『フィッシュストーリー』(発行:新潮社)
『ゴールデンスランバー』(発行:新潮社)

(Text:qd)

4152


fromkyoto

情's people

ここからカレンダが始まります。このリンクでカレンダを読み飛ばせます

情報館カレンダー

前月 2017年09月 次月
1 短縮開館
2 休館日
3 休館日
4 休館日
5 休館日
6 休館日
7 休館日
8 休館日
9 休館日
10 休館日
11 短縮開館
12 短縮開館
13 短縮開館
14 短縮開館
15 短縮開館
16 休館日
17 休館日
18 休館日
19 短縮開館
20 短縮開館
21 短縮開館
22 休館日
23 休館日 休館日
24 休館日
25 短縮開館
26 短縮開館
27 短縮開館
28 短縮開館
29 短縮開館
30 短縮開館
2017-09-23
  • -- 土曜開館
  • -- 短縮開館
  • -- 休館日
開館時間
通常:8:30-20:30
土曜:8:30-18:00
短縮開館:10:00-17:00

カレンダの終端です。

ページの終端です。ページの先頭に戻る