ページの先頭です。本文を読み飛ばして、このサイトのメニューなどを読む

音楽

J.S.バッハ「ブランデンブルク協奏曲第5番 BWV1049」

J.S.バッハ「ブランデンブルク協奏曲第5番 BWV1049」

AMAZON: J.S.バッハ「ブランデンブルク協奏曲第5番 BWV1049」

青春時代に、一曲の音楽を聴いて涙した経験を持つことが、その人の人生を変えてしまうかも知れない、 ということについて。

バッハが好きである。
「好きである」というと友達感覚のようであまりに恐れ多いが、自分にとってバッハは離れられない永遠のテーマである。

わたしが初めてバッハを意識したのは高校1年生の音楽の時間。
音楽室で流れてきた曲が「ブランデンブルク協奏曲第5番第2楽章」。
初めて耳にする旋律。適当な表現が見つからないが、腰の方から脊椎を氷が這い上がって行くような感動(みなさん、そんな経験ないですか?)をその時覚えた。    
普通、音楽に感動するとき「美しい」という表現が使われる場合が多いが、 バッハの旋律は美しさを超えて、「人生」を語っていた(ように思った)。

だれにでも青春時代はある。こんなわたしにもあった。
その真っ只中にあった高校1年生。
他人を通して自分を意識し、自分の存在の小ささ、不確かさに不安を感じ始めるとき。気分が揺れ動きやすい頃。
その不安定な心に、「ブランデンブルク協奏曲第5番第2楽章」のもの悲しい旋律は、なんの飾りも誇張も衒いなく、しみ込んできた。

バッハの楽譜をみると譜面の意外な単純さに驚く。
しかし、いざ弾いてみるとバッハは難解である。
感情移入をすると、たちまち何を演奏しているかわからなくなってしまう。
バッハは宗教音楽家であり、自分の人生を音楽という形で神に捧げた人。
神の存在は普遍的であり、個性的であってはならないということだろうか?

バッハは深い。

いずれにしろ、生れた時には既にバッハの曲が存在していたことを、神に感謝したい。

(text:bach憧憬)

4349


fromkyoto

情's people

ここからカレンダが始まります。このリンクでカレンダを読み飛ばせます

情報館カレンダー

前月 2018年06月 次月
1
2 土曜開館
3 休館日
4
5
6
7
8
9 土曜開館
10 休館日
11
12
13
14
15
16 土曜開館
17 休館日
18
19
20
21
22
23 土曜開館
24 休館日
25
26
27
28
29
30 土曜開館
2018-06-21
  • -- 土曜開館
  • -- 休館日
開館時間
通常:8:30-20:30
土曜:8:30-18:00
短縮開館:10:00-17:00

カレンダの終端です。

ページの終端です。ページの先頭に戻る