ページの先頭です。本文を読み飛ばして、このサイトのメニューなどを読む

その他

水無月

水無月

 

6月になりました。

旧暦では「水無月」と云われますが、今回は「食べられる水無月」についてのお話を。
 
 ∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴  
 
京都で生まれ育った人ならば、「6月の旧名称」という意味よりも先に、ものごころついたころには「6月30日に食べる和菓子」だと覚えていることも少なくはないのではないでしょうか。
かくいう私もその一人です。
 
他府県では決まった日付に食べないことや、そもそも「水無月」で通じないこともあると知ったのは、大学生になってからでした。。。
 
 
食べたことのある方も、どうして食べるのかはご存知でしょうか?
 
 
 
 ∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴  
 
●そもそも「水無月」とはどういうお菓子?
 
ういろうの上にほんのり甘く煮た小豆をびっしりと並べた、三角形のお菓子です。
ういろう部分は白が最もポピュラーですが、黒糖味の「黒」や抹茶味の「緑」もあります。
常温で食べるともっちりとした食感と豊かな香りが、冷やして食べるとういろうが固めになりますが、夏にうれしいヒンヤリ感を楽しめます。
 
 
 
●なぜ「6月30日」に食べるのか?
 
旧暦の6月には「氷の節句」 という行事があり、宮中では氷を取り寄せ口にして、暑気払いをしていました。冷凍庫はもちろんない時代の話ですから、氷は大変高価な貴重品で庶民の手の届くものではありません。
そこで、氷のかけらを模した三角形の水無月を食べるようになったのです。
 
また、小豆は魔除けのおまじないの意味があるため、一年間の半分がおわる「6月30日」に半年分の穢れを祓う風習「夏越の祓(なごしのはらえ)」に合わせて食べる文化が根付きました。
 
 ∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴  
 
 
 
和菓子屋さんはもちろん、スーパーの売り場にものぼりやPOPが立ち、水無月がたくさん並ぶのは6月中旬~末にかけてだけ。
小豆のサイズやういろうのもっちり度・甘さなどはお店によって違うので、食べ比べも◎
 
 
文化・風習など抜きにしてもおいしいので、ぜひ今月は探してみてください。
 
 
 
(Text:Mo)

64


fromkyoto

情's people

ここからカレンダが始まります。このリンクでカレンダを読み飛ばせます

情報館カレンダー

前月 2019年06月 次月
1 土曜開館
2 休館日
3
4
5
6
7
8 土曜開館
9 休館日
10
11
12
13
14
15 土曜開館
16 休館日
17
18
19
20
21
22 土曜開館
23 休館日
24
25
26
27
28
29 土曜開館
30 休館日
2019-06-20
  • -- 短縮開館
  • -- 土曜開館
  • -- 休館日
開館時間
通常:8:30-20:30
土曜:8:30-18:00
短縮開館:10:00-17:00

カレンダの終端です。

ページの終端です。ページの先頭に戻る