ページの先頭です。本文を読み飛ばして、このサイトのメニューなどを読む

アート

展覧会 「生誕100年 いわさきちひろ、絵描きです。」

展覧会 「生誕100年 いわさきちひろ、絵描きです。」

 

 

絵本作家として有名な、いわさきちひろの生誕100年を記念して

 

展覧会 「生誕100年 いわさきちひろ、絵描きです。」

20181116()より美術館「えき」KYOTOにて開催されています。

 

「ハマヒルガオと少女」 1950年代半ば ちひろ美術館蔵

 

∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴

  

いわさきちひろといえば、あなたは何を思い浮かべますか?

「こども」、「水彩」、「花」それとも「余白」でしょうか。

どれをとっても魅力的で、私も大好きです。

 

この展覧会では、資料を交えた約200点の展示品

いわさきちひろの残した言葉をテーマに、4章の構成で並ぶそうです。

 

 「子犬と雨の日の子どもたち」1967年 絵雑誌『こどものせかい』(至光社) ちひろ美術館蔵

 

展示では、童画家としてのスタートを切るまでの貴重な作品も掘り下げます。

紙芝居、幻灯、ポスター、油絵など、あまり知られていない多メディアの作品も数多く立ち並びます。

また、最終章では、水彩画の数々によって「ちひろの色彩」の世界に没入します。

拡大原画の展示により、作品を体感する空間が作り出されており、来場者を包み込む色彩がフィナーレを飾ります。

 

 

京都での特別展示という条件はかなり貴重です。

ぜひ足を運んでみてください!

 

 

(蛇足ですが、なんといってもグッズがどれもほっこりしていて素敵なのです

 

∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴

 

 

入館料:一般 900 / 高・大学生 700

会期:20181116日(金)~ 1225日(火)

開館時間:午前10時~午後8

場所:美術館「えき」KYOTO

    京都駅ビル内ジェイアール京都伊勢丹7階隣接

休館日:会期中無休

●HPhttp://www.nikkei-events.jp/art/chihiro/

 

(TEXT:Mo)

312


fromkyoto

情's people

ここからカレンダが始まります。このリンクでカレンダを読み飛ばせます

情報館カレンダー

前月 2019年02月 次月
1
2 土曜開館
3 休館日
4
5 休館日
6 休館日
7 短縮開館
8 短縮開館
9 休館日
10 休館日
11 休館日
12 短縮開館
13 短縮開館
14 短縮開館
15 短縮開館
16 短縮開館 土曜開館
17 短縮開館
18 短縮開館
19 短縮開館
20 短縮開館
21 短縮開館
22 短縮開館
23 休館日
24 休館日
25 休館日
26 短縮開館
27 短縮開館
28 短縮開館
2019-02-17
  • -- 短縮開館
  • -- 土曜開館
  • -- 休館日
開館時間
通常:8:30-20:30
土曜:8:30-18:00
短縮開館:10:00-17:00

カレンダの終端です。

ページの終端です。ページの先頭に戻る