ページの先頭です。本文を読み飛ばして、このサイトのメニューなどを読む

映画

マリー・アントワネット

マリー・アントワネット

AMAZON: マリー・アントワネット

お砂糖とクリームにつつまれて

マリー・アントワネットの愛らしさを「ケーキみたい!」と例えるシーンがあったけれど、その言葉はこの映画にこそ当てはまる。背景も衣装も、全てをクリームで薄めたような甘いパステルの色の洪水。彼女に関しては数多の説があるけれど、ソフィア・コッポラのこの映画はひたすら女の子目線。乙女系映画を語るときにははずせない『ヴァージン・スーサイズ』の監督ならではの伝記映画だ。

宮廷での人間関係や世継問題など誰もが知るエピソードは勿論出てくるが、この映画では悲壮感は感じられない。どんな場面でもひたすらキュートで愛らしいこの女性は、ただの女の子にしか見えない。ぜいたくに明け暮れても、夫以外の男と恋に落ちても、ふわふわと女の子であり続ける彼女に悪意など微塵もないのだ。

夜遊びの後、夜明けのシーンの明るい切なさ。同じ女性で蜷川実花監督が撮った「さくらん」は原色のあざやかさが見事だったが、ソフィア・コッポラのこの映画の色合いはとろけそうに儚い。マリーの淋しい人生のように。

マリー・アントワネットがルイ16世とヴェルサイユから去るシーン、
「並木道をながめてるのかい」
「さよならを言ってるの」

なんて女の子なひとでしょう!
パステル色の宮殿の扉を破られた部屋でこの映画は終わる。


『Marie Antoinette サウンドトラック』
 情報館所蔵 1F録音 S||Ma 51||CD

『ヘビトンボの季節に自殺した五人姉妹』 (ヴァージ・スーサイズ原作)
ジェフリー・ユージェニデス著
早川書房 2001
ISBN: 9784151200076

(text:snowy)

3607


fromkyoto

情's people

ここからカレンダが始まります。このリンクでカレンダを読み飛ばせます

情報館カレンダー

前月 2017年11月 次月
1
2 休館日
3 休館日
4 休館日
5 休館日
6
7
8
9
10
11 土曜開館
12 休館日
13
14
15
16
17
18 休館日
19 休館日
20
21
22
23
24
25 土曜開館
26 休館日
27
28
29
30
2017-11-25
  • -- 土曜開館
  • -- 休館日
開館時間
通常:8:30-20:30
土曜:8:30-18:00
短縮開館:10:00-17:00

カレンダの終端です。

ページの終端です。ページの先頭に戻る