ページの先頭です。本文を読み飛ばして、このサイトのメニューなどを読む

映画

この夏は映画館で恐竜に会える!

この夏は映画館で恐竜に会える!

 また、夏がやってきます。

夏といえば・・・!恐竜!ですね!

「ジュラシック・ワールド 炎の王国」

もうすぐ公開です!待ちきれません!!

まだ一作もこのシリーズを見たことがない方には

ぜひ、第一作目「ジュラシック・パーク」から全て見ていただきたいです!

「ジュラシック・ワールド 炎の王国」の公式サイトで、

今までのストーリーを簡単に振り返ることもできますよ!

 

さて、ジュラシック・パークシリーズの見どころですが、

全ての作品に登場し、重要な役割を担っている”ラプトル(ヴェロキラプトル)”や

 

絶対的な恐怖、”T-REX(ティラノサウルス)”などにも注目です。

窓越しにこちらを見ている"T-REX"の目!!

もう、本当に怖いです!!

 ”T-REX”は、恐怖の対象ではあるものの、

やはりその存在感や、ヒーロー感は圧倒的です!

「ジュラシック・ワールド」を見れば、彼がいかに愛されているかが分かります!

 

”ラプトル”は「ジュラシック・パーク」で既に利口な恐竜として描かれています。

三作目「ジュラシック・パーク3」では、グラント博士が、

”ラプトル”と鳴き声でコミュニケーションをとることに挑戦しています。

そして、前作「ジュラシック・ワールド」では

ついに、”ラプトル”をしつける事に成功しています。

そこで活躍する『ブルー』という名の”ラプトル”が、最新作でも登場するので

全作品は見れないという方は、話の流れを知るために

「ジュラシック・ワールド」だけでも、見ておく方が楽しめるかも知れません!

 

そして今回もう一つ注目されているのが、久しぶりに登場するマルコム博士です。

キャラクターを把握しておきたいということであれば、

一作目の「ジュラシック・パーク」二作目の「ロスト・ワールド」に登場しますので

見ていただけるとより楽しめるかと思います!

 

今でも時々、不思議に思うのは、「ジュラシック・パーク」シリーズは

地球上で、人間と恐竜が(別々の場所で生活はしてますが)

共存しているということです。

(あの、空へ飛んでいった”プテラノドン”たちは、どこへ行ったのか?

絶対に人を襲っているはずだ!などの疑問は残りますが)

一作目で、ジョン・ハモンドが作ったジュラシック・パークを

完全消滅させるのではなくて、残したということ。

なぜ、共存すること、脅威をコントロールすることを選択をしたのか、

これが、同じ脅威的な存在の”怪物”であったら、排除することを選択したのでは

ないかと思うと、やはり、恐竜は地球上にかつて存在した命ある

生き物だからかなと勝手に思っています。

(草食恐竜との触れ合うシーンには感動しますよ!)

 そしてまた、研究者や恐竜に商業的価値を見出した人間のエゴだよなぁ…と思うのです。

 

結果的に恐竜たちは、人間に利用されそうになったり

管理や研究過程で問題が起こったりして、恐竜が暴走してしまうこともあるんですが

恐竜としては、暴走しているのではなくて

ただ、この世界を生きているだけなんですよね。

「ジュラシック・ワールド」では、研究により、さまざまな遺伝子を持つ恐竜、

”インドミナス・レックス”が登場するんですが、

パークのヒーローとなるはずが、想像以上の能力をもってしまい、

人間の力ではコントロール出来なくなってしまって

邪魔者扱いされ、本当にかわいそうです。本当に怖いですけどね、彼。

 

どの作品も、怖いだけでなく、面白いシーンもたくさん盛り込まれているので

心臓止まりそうになりますが、恐竜好きも好きでない方にも、おすすめです!

 
ぜひ、最新作は劇場の大きいスクリーンでみてほしいと思います!
 
(txt:ゆり)

115


fromkyoto

情's people

ここからカレンダが始まります。このリンクでカレンダを読み飛ばせます

情報館カレンダー

前月 2018年07月 次月
1 休館日
2
3
4
5
6
7 土曜開館
8 休館日
9
10
11
12
13
14 土曜開館
15 休館日
16
17
18
19
20
21 土曜開館
22 休館日
23
24
25
26
27
28 土曜開館
29 休館日
30
31
2018-06-21
  • -- 土曜開館
  • -- 休館日
開館時間
通常:8:30-20:30
土曜:8:30-18:00
短縮開館:10:00-17:00

カレンダの終端です。

ページの終端です。ページの先頭に戻る