ページの先頭です。本文を読み飛ばして、このサイトのメニューなどを読む

その他

京都烏丸・新風館跡地に「エースホテル」が日本初上陸

京都烏丸・新風館跡地に「エースホテル」が日本初上陸

 建築家・隈研吾氏が施設の建築デザインの監修を務めます。

 

 

エースホテル は、1999年にアメリカ・シアトルで最初のホテルをオープンし、欧米で旅行好きな人々を魅了し続けているデザインホテルグループ。

現在までにアメリカ、イギリスにおいて9ホテルを運営しています。

2019年末開業予定の「エースホテル京都」は、アジアでの初出店となります。

 

京都市指定・登録文化財にも指定された大正時代の建築物「旧京都中央電話局」部分の建物は烏丸通に面する既存棟のみ残し中庭を挟んで7階建ての新築棟を設け、1階は飲食や物販など約20店舗ほどを想定。

全体の施設名は検討中とのこと。2019年末のオープンを予定。

 

 

 

 

text:c.s.h.


415


ページの終端です。ページの先頭に戻る