ページの先頭です。本文を読み飛ばして、このサイトのメニューなどを読む

西洋絵画について調べる

 

 

以下のページでは調べ方の基本がわかりやすく解説されています。併せて参照してください。

 

※調べ方ガイド00「テーマを決める」はこちら 

※調べ方ガイド01「資料の種類」はこちら

 

 

 

 OPACとはオンライン蔵書目録のことで図書館資料を検索するためのシステムです。

※OPACはこちら

 


西洋絵画について調べるときに役立つ資料・情報を集めました

参考図書
図書
雑誌
映像資料
新聞
関連サイト
関連機関/施設

 

 

参考図書

  3F参考図書コーナー

『西洋美術作品レファレンス事典』 【請求記号:703.1 N 71】
画家名はカタカナ表記・原綴表記、作品名は邦題名・原題名いずれからも引くことが出来る。さらに所蔵館名や、どの図書に図版が掲載されているかも一目でわかる。

 

『岩波西洋美術用語辞典』 【請求記号:703.3 Ma 66】
西洋美術の主題について、技法・材料について解説している。

 

『色彩用語事典』 【請求記号:723 Se 19】
色彩に関係する用語を光や材料、時代背景や生理学など19分野に分類し解説している。

 

『絵画材料事典』 【請求記号:724.03 C 38】
項目によっては図解あり。配合方法も記載されている。

▲ページの先頭に戻る

 

図書

 B1F・3F閲覧室

テーマに関する図書を探す

以下の「分類番号」の書架を探してみてください。 

○作品を観る

706.9

美術館

720.28

画家

 720.79

鑑賞法

723

西洋絵画

 ○理論を学ぶ

701

芸術理論・美学

720.1

絵画の理論

 ○技法を学ぶ

724

絵画材料・技法

724.3

洋画

724.55

人物画

  725 

素描

725.2

遠近技法

 

分類番号について

図書には日本十進分類法(NDC)という分類法によって、1 冊毎にその本のジャンルを表す「分類番号」が付けられています。
この番号順に書架に並べることにより、同じジャンル=テーマの資料を同じ箇所に集めることができます。

※参考:日本十進分類法(NDC)一覧表

▲ページの先頭に戻る

 

雑誌 

 B1F閲覧室・2F雑誌コーナー

≪和雑誌≫
『BT : 美術手帖』
『藝術新潮』
『美術フォーラム21』

 

≪洋雑誌≫
『APOLLO』
『Artforum international』
『ARTnews』
『Connaissance des arts』

 

雑誌記事・論文を探す

※詳しくはこちらをご参照ください。

 ▲ページの先頭に戻る

 

 

映像資料

 1F視聴室

『NHKDVD, 美の殿堂』シリーズ【請求記号:706.9 N 77 DVD】
『美の巨人たち』シリーズ【請求記号:723.3 N 77 DVD】
『世界の美術館 : 華麗なる美の殿堂』シリーズ【請求記号: 706.9 Se 22 DVD】

▲ページの先頭に戻る

 

新聞

 2F新聞コーナー

『新美術新聞』
 

新聞記事を探す

※詳しくはこちらをご参照ください。

 

▲ページの先頭に戻る
 

関連サイト 

artscape
http://artscape.jp/
大日本印刷株式会社運営。登録数1500を超える現代美術用語辞典を集録。また全国の美術館・博物館が検索できるミュージアムデータベースもあり、今すぐ使える情報が盛り沢山。学芸員による展覧会レビューは参考になるものばかり。

 

Art Annual online(美術年鑑社公式ホームページ)
http://www.art-annual.jp
美術年鑑社運営の美術情報ポータルサイト。洋画だけでなく、日本画、彫刻、現代アートなど幅広いニュースや展覧会情報、コラム・エッセイなどが掲載されている。
美術年鑑社の出版物の情報もあり。

 

京都で遊ぼうART
http://www.kyotodeasobo.com/art/
京都文化推進委員会、株式会社エクザム運営の京都の美術館・博物館、展覧会、アート系情報を紹介するサイト。
展覧会の開催情報や美術館・博物館などの施設紹介だけでなく、独自の特集記事・コラムも掲載。

 

 ▲ページの先頭に戻る

 

関連機関・施設

「独立行政法人国立美術館」
http://www.artmuseums.go.jp/
東京国立近代美術館、京都国立近代美術館、国立西洋美術館、国立国際美術館、国立新美術館の5館の国立美術館を運営する法人。
ホームページには作品が閲覧できる「所蔵作品総合目録検索システム」や「遊歩館」、国立美術館4館が公開している美術作品などのデータベースと他機関の情報を連想的に検索できる「国立美術館版『想-IMAGINE』」といった便利なリンクが多い。

 

「国立新美術館」
http://www.nact.jp/
国内最大級の展示スペースを誇る国立美術館。幅広いジャンルの展覧会の開催はもちろんのこと、ワークショップや講演会にも力を入れている。併設のアートライブラリーも魅力のひとつで、国内外の展覧会カタログや、海外で開催された日本美術の展覧会カタログも蒐集されており、誰でも利用できる。

 

「国立西洋美術館」
http://www.nmwa.go.jp/jp/index.html
西洋美術を対象とする国内唯一の国立美術館。そのコレクションは印象派絵画や彫刻、版画などフランス美術が基盤となっている。作品紹介のページでは所蔵作品の内の50数点が画像にて紹介されており、所蔵作品約4500点を検索することも可能。コレクションの内、版画・素描に関しては学術研究目的であれば、展示されていない作品でも申込の上、実物を閲覧することができる。

 

「京都国立近代美術館」
http://www.momak.go.jp/
京都、関西、西日本の美術に比重を置く近代美術館。特に京都・関西画壇の日本画や洋画の作品収集を行っているほか、工芸作品のコレクションも充実している。本学学生および教職員は学生証あるいは教職員証の提示で常設展(コレクションギャラリー)を無料で観覧できる。

 

「京都市美術館」
http://www2.city.kyoto.lg.jp/bunshi/kmma/
東京都美術館に次ぎ日本で二番目に建てられた公立美術館。明治以降の京都を中心とした美術・工芸品を収集・展示している。本学学生は学生証の提示で京展、コレクション展、所蔵品展に限り100円で観覧できる。

 

(2016年2月25日更新)

 

fromkyoto

情's people

ここからカレンダが始まります。このリンクでカレンダを読み飛ばせます

情報館カレンダー

前月 2017年08月 次月
1
2
3
4
5 土曜開館
6 休館日
7 休館日
8 休館日
9 短縮開館
10 短縮開館
11 短縮開館
12 休館日 休館日
13 休館日 休館日
14 休館日 短縮開館
15 休館日 短縮開館
16 休館日 短縮開館
17 休館日 短縮開館
18 休館日 短縮開館
19 休館日
20 休館日
21 短縮開館
22 短縮開館
23 短縮開館
24 短縮開館
25 短縮開館
26 休館日
27 休館日
28 短縮開館
29 短縮開館
30 短縮開館
31 短縮開館
2017-08-24
  • -- 土曜開館
  • -- 短縮開館
  • -- 休館日
開館時間
通常:8:30-20:30
土曜:8:30-18:00
短縮開館:10:00-17:00

カレンダの終端です。

ページの終端です。ページの先頭に戻る