ページの先頭です。本文を読み飛ばして、このサイトのメニューなどを読む

公開シンポジウム S/Nについて、語られなかったこと

キングストン大学・ロンドン-京都精華大学・京都
公開シンポジウム

S/Nについて、語られなかったこと
介入の芸術:個人の記憶、公共の記憶、その交差点へ
The Art of Intervention : Critical Enquiries into Intersections of Private and Public Memory

このプロジェクトは「介入の芸術」の可能性を検証するために、2009年から2010年の二年間にわたり、キングストン大学(ロンドン)と京都精華大学(京都)を中心に、芸術や人文学に携わるさまざまな人々が領域を横断して展開する、共同研究プロジェクトです。
そのオープニングとして、パフォーマンス「S/N」をとりあげ、京都精華大学にて公開シンポジウムを開催します。

日時:2009年1月10日(土) 13:00〜
会場:京都精華大学 黎明館 L-201

参加申込:不要(入場無料)

オープニング 

13:00 〜 開場

13:15 〜 オープニングリマーク 
フラン・ロイド (キングストン大学教授)
レベッカ・ジェニスン (京都精華大学教授)

1.「なぜ、今、「S / N」を語るのか。」 

第一部 13:30 〜15:30
パネリスト
張 由紀夫(アーティスト/アクティビスト)
高嶺 格  (美術作家/京都造形芸術大学客員教授)
高谷 桜子(ダムタイプ・カンパニーマネージャー)
山田 創平(都市社会学者/財団法人エイズ予防財団)

コーディネーター
ブブ・ド・ラ・マドレーヌ(現代美術作家 /distaコーディネーター)

2.「個人の記憶から公共の記憶へ。」 

第二部 16:00 〜17:30
パネリスト
宮地 尚子(精神科医/一橋大学教授)
高橋 悟  (美術家/京都市立芸術大学准教授)
ブブ・ド・ラ・マドレーヌ(現代美術作家 /distaコーディネーター)

コーディネーター
山田 創平(都市社会学者/財団法人エイズ予防財団)

ライブパフォーマンス

17:30〜
山中 透(DJ /ミュージシャン/ Foil Records主宰)
softpad


全体進行
八巻 真哉(京都精華大学メディアセンター)


「S/N」作品上映 

シンポジウム当日「S/N」の上映を行います。

上映時間:10:30〜12:00
場所:情報館1F メディアセンターホール

“伝説的なパフォーマンス”として語られることの多い「S/N」。
あるいは、“エイズ、セクシュアリティ、ジェンダー、政治など、さまざまなテーマに対する当事者の格闘を描いた作品”として語られることの多い「S/N」。
一方で、「S/N」の舞台上では「私は夢見る。私の<性別><様式><権力>・・・が消えることを」というメッセージが繰り返される。
「S/N」において、「当事者」とはなにを指し示しているのか。
「S/N」は「アイデンティティによる闘争」を描いた作品ではなかったのか。
「S/N」という、「普遍なるもの」を最も批判しようとしていた作品が「普遍性を帯びる」という今日の皮肉な状況を考えたとき、今こそ「S/N」を徹底的に読解し、
そこに込められたメッセージを検証し、知る必要があるのではないだろうか。

S/N 上映についてはこちら



本学へのアクセス
※当日スクールバスの大学発最終時刻は18:40となります。
スクールバス終了後は叡山電鉄をご利用ください。
※お車でのご来学はご遠慮ください。

問い合わせ
京都精華大学情報館メディアセンタ−
tel:075-702-5140
mail:ksmedia*kyoto-seika.ac.jp (*を@に変えてください)

 

主 催:京都精華大学情報館
協 力:キングストン大学 京都精華大学 ダムタイプ 沢田眉香子
企 画:レベッカ・ジェニスン 八巻真哉
コーディネート:八巻真哉 嶋田美子 ブブ・ド・ラ・マドレーヌ 山田創平

fromkyoto

情's people

ここからカレンダが始まります。このリンクでカレンダを読み飛ばせます

情報館カレンダー

前月 2017年12月 次月
1
2 土曜開館
3 休館日
4
5
6
7
8
9 土曜開館
10 休館日
11
12
13
14
15
16 土曜開館
17 休館日
18
19
20
21
22
23 土曜開館
24 休館日
25
26
27
28
29 休館日
30 休館日 土曜開館
31 休館日
2017-12-16
  • -- 土曜開館
  • -- 休館日
開館時間
通常:8:30-20:30
土曜:8:30-18:00
短縮開館:10:00-17:00

カレンダの終端です。

ページの終端です。ページの先頭に戻る