ページの先頭です。本文を読み飛ばして、このサイトのメニューなどを読む

P2MI2『韓国シミュレーション』

 

P2MI2 『韓国シミュレーション』

P2MI2(PAN PACIFIC MOVING IMAGE INSTITUTE)とは環太平洋岸地域の国々を中心に活動する映像作家や、フェスティバルの活動、研究者などのリンクを試みるノンプロフィット(非営利)のネットワーク組織です。
今回のファースト・コンタクト『韓国シミュレーション』では、韓国のEXiS(ソウル国際実験映画祭)フェスティバル・ディレクターのパク・ドンヒョン氏と実験映像作家イ・ヘンジュン氏を招いての作品上映、インスタレーションを中心に、日本、中国の作家を交えたシンポジウムをおこないます。


■日程:2008年6月10日(火)
■時間:14:00〜19:00
■会場:京都精華大学 情報館 1F メディアセンターホール
入場無料/申込不要

■プログラム
・韓国実験映画上映
・講演『韓国の実験映画』
・マルチフィルムプロジェクション
・シンポジウム『実験映画におけるインディペンデントの意味』
(途中休憩あり)


■プロフィール

講演者 朴 東炫(パク・ドンヒョン)

ソウル生まれ。高麗(コリョ)大学校で歴史学を専攻、映画に大きな関心をもち、映画サークル活動を始める。
93年には実験映画制作集団「ニューイメージグループ」に加わる。多数の実験映画制作に参加。大学卒業後、シカゴ芸大大学院に進学して本格的に実験映画を勉強。帰国後は韓国実験映画の底辺拡大のため尽力している。現在、ソウル国際実験映画フェスティバル(EXiS)実行委員長、明智(ミョンジ)大学校映画ミュージカル学部教授、ダイエゴナルフィルムアーカイブ代表。


招待作家 李 幸俊(イ・ヘンジュン)

ソウル大学校化学工学科中退、延世(ヨンセ)大学校社会学科卒業。実験映画関連講義やワークショップを開きながら、ギャラリー上映企画に参加。韓国最初の実験映画季刊誌「N'Avant(ナバン)」企画及び編集実務を担当。マルチプロジェクションによるフィルムを制作。2006年には作品がフランス「cinema different」で上映された。また、日本では池尻デザインセンター」韓日メディアパレード」でマルチプロジェクションを発表。

fromkyoto

情's people

ここからカレンダが始まります。このリンクでカレンダを読み飛ばせます

情報館カレンダー

前月 2017年09月 次月
1 短縮開館
2 休館日
3 休館日
4 休館日
5 休館日
6 休館日
7 休館日
8 休館日
9 休館日
10 休館日
11 短縮開館
12 短縮開館
13 短縮開館
14 短縮開館
15 短縮開館
16 休館日
17 休館日
18 休館日
19 短縮開館
20 短縮開館
21 短縮開館
22 休館日
23 休館日 休館日
24 休館日
25 短縮開館
26 短縮開館
27 短縮開館
28 短縮開館
29 短縮開館
30 短縮開館
2017-09-21
  • -- 土曜開館
  • -- 短縮開館
  • -- 休館日
開館時間
通常:8:30-20:30
土曜:8:30-18:00
短縮開館:10:00-17:00

カレンダの終端です。

ページの終端です。ページの先頭に戻る