ページの先頭です。本文を読み飛ばして、このサイトのメニューなどを読む

AV機材貸出時の延滞・紛失・破損などペナルティ・弁償について

AV機材貸出時の延滞・紛失・破損などペナルティ・弁償について

メディアセンターでは、機材の延滞・返却トラブルが多発していますので、ペナルティと弁償についての基準を定めました。
貸出機材を延滞、紛失、破損した時にはペナルティと弁償が発生しますので予め確認ください。
ペナルティと弁償についての基準は以下の通りです。
メディアセンターでは冊子でも配布しております。

※この基準は「情報館利用規定」第42条および第54条に基づいています。

延滞

延滞とは・・・
貸出した全ての機材が返却予定日に返却できない場合。

延滞ペナルティ

延滞期間に応じて、ペナルティが発生します。(表1参照)

表1

延滞期間 貸出制限期間
1日以上3日未満 返却当日の資料・機材貸出停止
3日以上1週間未満 返却当日〜1週間機材貸出停止
1週間以上2週間未満 返却当日〜2週間機材貸出停止
2週間以上3週間未満 返却当日〜1ヶ月間機材貸出停止
3週間以上4週間未満 返却当日〜2ヶ月間機材貸出停止
1ヶ月以上2ヶ月未満 返却当日〜3ヶ月間機材貸出停止
2ヶ月以上3ヶ月未満 返却当日〜4ヶ月間機材貸出停止
3ヶ月以上 返却当日〜1年間機材貸出停止

代理返却

代理返却は返却となりません。本人が来た時点を返却日としますのでその時点で延滞の場合は延滞ペナルティが発生します。(表1参照)

一部未返却

セット内容の一部が未返却の場合も返却されるまで延滞となりペナルティが発生します。(表1参照)

破損・故障

破損・故障とは・・・
貸出した機材が正常に作動しない場合や貸出した状態で返却できない場合。

■破損・故障が発生した時点ですぐにメディアセンターへご連絡をお願いします。
■破損・故障した状況を確認の上、管理不十分と判断した場合は機材貸出停止のペナルティと弁償費の支払いを願います。

機材本体の場合

  • 機材貸出を1ヶ月間停止します。
    (延滞がある場合は延滞ペナルティも追加されます。)
  • 機材弁償として故障・破損にあたる修理費、または修理が不可能な場合は機材弁償費を支払い願います。
    ※貸出停止期間が終了した時点で弁償費が50%以上支払われていない場合は貸出停止期間が延長されます。
    (分割払いが可能な場合に限ります。)

アクセサリー類(セット付属品等)の場合

  • 機材貸出を1ヶ月間停止します。
    (延滞がある場合は延滞ペナルティも追加されます。)
    ※一部のアクセサリー類については弁償費をお支払い願います。)

紛失

紛失とは・・・
貸出した機材(セット内容の一部でも)を紛失し返却ができな場合。

■紛失した時点ですぐメディアセンターへご連絡をお願いします。

紛失したと思われる場所を再度確認後、
学内で紛失 → 学生課に届け出てください。
学外で紛失 → 警察に届け出てください。

以上のように処理し再度捜査した後にも発見されない場合は、紛失と確定し以下のように対応します。

■紛失した状態を確認の上、管理不十分と判断した場合は機材貸出停止のペナルティと弁償費の支払いを願います。

機材本体の場合

  • 機材貸出を1ヶ月間停止します。
    (延滞がある場合は延滞ペナルティも追加されます。)
  • 機材弁償費を支払い願います。
    ※貸出停止期間が終了した時点で弁償費が50%以上支払われていない場合は貸出停止期間が延長されます。
    (分割払いが可能な場合に限ります。)

アクセサリー類(セット付属品等)の場合

  • 機材貸出を1ヶ月間停止します。
    (延滞がある場合は延滞ペナルティも追加されます。)
    ※一部のアクセサリー類については弁償費をお支払い願います。)

fromkyoto

情's people

ここからカレンダが始まります。このリンクでカレンダを読み飛ばせます

情報館カレンダー

前月 2017年11月 次月
1
2 休館日
3 休館日
4 休館日
5 休館日
6
7
8
9
10
11 土曜開館
12 休館日
13
14
15
16
17
18 休館日
19 休館日
20
21
22
23
24
25 土曜開館
26 休館日
27
28
29
30
2017-11-25
  • -- 土曜開館
  • -- 休館日
開館時間
通常:8:30-20:30
土曜:8:30-18:00
短縮開館:10:00-17:00

カレンダの終端です。

ページの終端です。ページの先頭に戻る